Photoshop と Illustrator と Fireworks と Indisign

  1. Photoshop は、主にビットマップ画像を作成、もしくは、加工するためのペイント系グラフィックソフトである。用途は、写真のレタッチと、描画が主である。
  2. Illustrator は、主にベクター画像を、作成、加工するためのドロー系グラフィックソフトである。DTP において、レイアウトに良く使われる。Web 製作では、ロゴや地図を作成する時に、使われる事がある。
  3. Fireworks は、この二つより細かい機能は少ないが、web サイトを作る事を目的としたソフトなので、Web サイトを作るのには、便利な機能に優れている。
  4. 一般的に DTP のレイアウトなら、Illustrator。Web サイトのレイアウトなら、Fireworks を使う。(Photoshop や Illustrator で行う人もいる)
  5. Photoshop と Illustrator を連携させる場合は、色を扱うのは Photoshop, 形を扱うのは Illustrator と覚えておく。
  6. Indesign は雑誌や書籍などのページ物を作るのに適している。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280