ヒストリーとヒストリーブラシツール

1.ヒストリーパレットに、操作の履歴が保存されている。クリックで、その時点の状態に戻ることが出来る。
2. 以前の状態に戻ってから、作業をしてしまうと、途中のヒストリーは消えてしまう。
3. ヒストリーパレットに表示される履歴の数は、初期設定では、20 個だが、「環境設定」→「パフォーマンス」から変えることが出来る。
4 ヒストリーは、画像を閉じてしまうと、消えてしまう。
5. 現在の画像を一時的に、「スナップショット」として、保存することが出来る。スナップショットとヒストリーブラシツールを組み合わせることがよくある。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280