テキスト

1. 文字ツールを選んで画面上でクリックすると、文字を入力できる。別のツールに持ち変える事で確定する。入力後のテキストはテキストオブジェクトという。
2. 文字にも線と塗りの設定ができる。
3. 文字パネルでは、フォントやフォントサイズ、行送り、垂直比率、水平比率を設定することができる。
4. 文字の一部を変えるときには、文字ツールで一部を反転表示させてから変更する。選択ツールでテキストオブジェクトの上でダブルクリックすると、文字ツールに持ち変える事ができる。
5. 文字パネルのオプションで、カーニング、トラッキング、ベースラインシフトを決めることができる。
6. 書式メニューのアウトラインを作成で、テキストオブジェクトを普通のパスオブジェクトにすることができる。他のパソコンで、イラストレーターで作ったファイルを見る場合、そのパソコンに使ったフォントがないと、違うフォントに置き換えられてしまう。なので、印刷会社などに出稿する場合は、文字のアウトライン化しておく。
7 縦の文字を入力するには、文字(縦)ツールを使う。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280