パスパレットについて

1. パスパレットはパスを管理するパレット。右から、以下の通りである。

  1. 現在のパスを削除ボタン
  2. 新規パスを作成ボタン
  3. 選択範囲から、作業用パスを作成ボタン
  4. パスを選択範囲として読み込むボタン・・・最もよく使われる機能
  5. ブラシでパスの境界線を描くボタン・・・パスパレットメニューの「パスの境界線を描く」で選択してあるツールで、パスを描くパスを描画色を使って塗りつぶすボタン・・パスの形で色が塗りつぶされる

2. 作業用パスとは、名前をつけて保存していない状態のパス。パスを書き始めるとこの状態になる。
3. パスパレットの作業用パスが選択されている状態で、パスを書き始めると、作業用パスに追加されるが、パスパレットで選択を解除した後に、再びパスを書き始めると、前の作業用パスは、消えてしまいます。なので、パスをとっておきたい場合は、ダブルクリックして、パスを保存しておく。
4. ベクトルマスクがあるレイヤーを選択中は、ベクトルマスクのパスが表示される。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280