パスとペンツール

1. イラストレーター等、ドロー系ソフトでお馴染みのパス機能と、基本的に操作は同じ。
  Photoshop では、主に、作業していく道具として使う。たとえば、パスを使って、選択範囲を作ることができる。
2. ツールバーのペンツールを、クリックで長押しすると、以下のツールが選べるペンツールフリーフォームペンツール・・・マウスで自由にパスが書けるアンカーポイントの追加ツールアンカーポイントの削除ツール
アンカーポイントの切り替えツール・・・スムーズポイントとコーナーポイントを切り替えるツール
3. パスには、閉じられていないオープンパスと、閉じられているクルーズドパスがある。
  パスを書いている途中で、Ctrl+クリックで、オープンパスが確定される。
4. アンカーポイントを打つとき、shift キーを押しながら打つと、45 度刻みになる。
5. パスは、アンカーポイントをつなぐ、セグメントとセグメントの曲がり具合を決める方向線からできている。方向線を調整するところを、ハンドルという。
6. スムーズポイントとは、方向線が、180 度になっていて、角がない状態。コーナーポイントとは、方向線が、180 度以外の状態で、角がある状態。
7. パスでできた一つのオブジェクトを、パスコンポーネントという。
8. パスを移動する時は、「パスコンポーネント選択ツール(イラストレーターでいう選択ツール)」を使う。アンカーポイントを移動する時には、「パス選択ツール(イラストレーターでいうダイレクト選択ツール)」を使う。
普段他のツールを使っている時には、Ctrl を押すと、移動ツールに代わるが、パス系のツールを使っている時に、Ctrl を押すと、選択ツールに変わる。
9. ペンツールのままでセグメントの上にマウスポインタをのせると、「アンカーポイント追加ツール」になる。また、アンカーポイントの上にのせると、「アンカーポイントの削除ツール」になる。
10. パスの中に、パスを書くと、中抜きの状態になる。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280