テキスト

1. 文字ツールで、文字を入力できる。テキストは、オプションの○を押すか、別のツールに持ち変える事で、確定する。文字を打っている途中で、場所を移動したい時は、マウスポインタを文字から、少し離す。
2. 入力後に、フォントを変えるには、テキストレイヤーを選択してある状態で、オプションか、文字パレットで、変更する。また、文字の一部を変えるときには、文字ツールで、一部を反転表示させてから、行う。
3. 文字パレットでは、フォントや、フォントサイズ、行送り、垂直比率、水平比率、トラッキング、カーニング、ベースラインシフト、カラーを設定することができる。
4. 文字レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると、その文字が編集できる。
5. 長い文字を入力する時で、あらかじめ領域が決まっている時は、文字ツールで、ドラッグして、段落テキストにします。段落テキストにすると、段落パレットで、詳細の設定が出来るようになります。
6. パスに沿って、テキストを入力することが出来る。あらかじめパスを書いておき、そのパスにテキストツールで、ポインタを合わせると、ポインタが変形する。その時に、クリックすると、パス上に文字を入力できる。
7. 縦書きにするには、縦書き文字ツールを使う。
8. 文字マスクツールを使うと、文字の形の選択範囲を作る事ができる。
9. レイヤー→テキスト→ワープテキストで、文字だけに適応できる効果を付けることができる。
10. テキストレイヤーには、使えない機能がある。それは、「変形の自由な形」と、
「フィルタ」機能である。それらを使うには、レイヤーを「ラスタライズ」して、ビットマップ画像にする必要がある。

スポンサーリンク
336×280
336×280
スポンサーリンク
336×280