スポンサーリンク
Illustrator(イラストレーター)基礎

ファイルの新規作成

新規ドキュメントダイアログでは、主にファイルの名前やサイズ、単位などが指定できる。 単位は、web に使う場合は、「pixel」。印刷する場合は、「mm」にする。 詳細ではカラーモード等を設定できる。
Illustrator(イラストレーター)基礎

スタートアップスクリーン

1. Illusrator を購入して最初に立ち上げると、スタートアップスクリーンが表示される。スタートアップスクリーンでは、まず最初にする作業、つまり、既存のファイルを開くか、新規にファイルを作成するかを行うことができる。2. 左側で、既...
Illustrator(イラストレーター)基礎

Photoshop と Illustrator と Fireworks と Indisign

Photoshop は、主にビットマップ画像を作成、もしくは、加工するためのペイント系グラフィックソフトである。用途は、写真のレタッチと、描画が主である。Illustrator は、主にベクター画像を、作成、加工するためのドロー系グラフィッ...
Illustrator(イラストレーター)基礎

ビットマップ(ラスター)画像と、ベクター(ベクトル)画像について

1. パソコンで画像を扱う上で、大きく 2 つの種類がある。それは、ビットマップ画像とベクター画像である。 2. ビットマップ画像とは、四角い点(ピクセル)の集合で現す画像。一つ一つのピクセルの色を微妙に変えて、色を表現出来るので、写...
Illustrator(イラストレーター)基礎

Illustratorの用途

1.印刷原稿の作成 (ペラモノと呼ばれる一枚物。ページ物は indisign で行う。) 2. イラストを描く 3. ロゴをつくる(ベクターデータなので、いくらでも拡大・縮小をしても画質が悪くなる事がない) 4. Web サイトの素材づくり...
スポンサーリンク