photoshop使い方基礎講座

スポンサーリンク

フォトショップは、プロのデザイナーも使用しているソフトです。ペイント系グラフィックソフトの中で、もっとも高機能なソフトだと言えます。
それが故に、一番むずかしいペイント系グラフィックソフトとも言えます。
ですが、フォトショップを覚えてしまえば、他のソフトではできないような、より高度な編集ができますので、
プロを目指す方は、がんばってフォトショップを覚えましょう。
フォトショップを使っていて、以下の項目がわからない方は、この教材をお勧めします。

  1. パソコンの画像は、一つ一つのピクセルが、赤256段階、緑256段階、青256段階の256の3乗で約1670万色で表現されている。
  2. RGBの段階を画像であらわすのにカラーチャンネルがあり、チャンネルには他にアルファチャンネルがある。
  3. マスクには、クイックマスク、レイヤーマスク、ベクトルマスクがある。すこし概念がちがうが、クリッピングマスクという機能がある。
  4. 選択範囲は点線で表わされるが、その点線の外も選ばれている場合がある。

バージョンはPhotoshp CS3Photoshop CS4にて説明しております。

今回はサンプルを作る前の段階の画像についてから説明している教材になりますので、もしphotoshop elements等をお持ちの方でも、勉強にはなると思います。

 

1Photoshopの用途
2ビットマップ(ラスター)画像とベクター(ベクトル)画像について
3PhotoshopとIllustratorとFireworks
4ワークスペース
5CS4のインターフェイス
6ドキュメントウィンドウ
7メニューについて
8ショートカットについて
9ツールについて
10ヒストリーとヒストリーブラシツール
11表示
12レイヤー
13レイヤー (透明、レイヤーの描画モード等)
14レイヤーパレッットについて
15レイヤーをリンクする
16整列・分布
17レイヤーの結合
18ファイルの保存形式
19画像を開くと、配置
20画像サイズ
21ファイルの新規作成
22カンバス
23カラーモード
24カラーホイール
25色の選択 
26カラーピッカー
27描画モードで湯気を作る
28ブラシツール
29ブラシツール (ブラシの描画モード等)
30スポイトツール
31OpenGL
32OpenGLによって何が出来るようになったか
33グラデーションツール
34変形
35コンテンツに応じて拡大縮小
36コンテンツに応じて拡大縮小の保護、スキントーンを保護
37選択範囲
38選択範囲 (ぼかしやクイックマスク等)
39なげなわツール・多角形ツール・マグネット選択ツール
40自動選択ツール
41色域指定
42レイヤーマスクとベクトルマスク
43ベクトルマスク
44パスとペンツール
45パスとペンツール (パスコンポーネントについて等)
46パスパレットについて
47シェイプツール
48長方形ツール・角丸長方形ツール・楕円ツール
49トレース
50アルファチャンネル
51明るさ・コンラスト、カラーバランス
52バリエーション
53ヒストグラム、レベル補正
54トーンカーブ
55トーンカーブ テクニック
56色相彩度
572諧調化、ポスタリゼーション
58調整レイヤー
59クリッピングマスク
60塗りぶしレイヤー
61色調補正パネル
62自然な彩度
63白黒
64グラデーションマップ
65マスクパネル
66マスクパネル色域指定
67シャープとぼかし
68ぼかしツール、シャープツール、指先ツール
69覆い焼きツール、焼き込みツール、スポンジツール
70覆い焼きツール、焼きこみツールのトーンを保護
71コピースタンプツールと修復ブラシツール
72スポット修復ブラシツール、パッチツール
73赤目修整ツール
74トリミングと角度補正
75テキスト
76テキスト (段落テキスト、パス上文字)
77テキスト (文字マスク、ワープテキスト)
78レイヤースタイル
79レイヤースタイル 2
80フィルタ
81フィルタ 実践
82PhotoshopのオプションバーとIllustratorのコントロールパネル
83Illustratorからオブジェクトの貼り付け