Photoshop実践講座

スポンサーリンク

Photoshopを長年使っている人なら、誰でも知っているようなテクニックも多く含まれますが、私独自のテクニックも紹介しております。特に、「ゆがみ」のあたりは、参考書などでもあまり紹介されていないと思います。スキルアップしたい方は、ぜひこの機会にどうぞ!

Photoshp CS3にて説明しております。 大体のところは、どのバージョンでも、共通の機能で説明しております。

下の項目を理解している事を前提に進んでいきます。これらがわからなければ、「基礎編」から購入されることをお勧めします。この他にもトーンカーブレベル補正の意味はちゃんと理解していることが前提です。

  1. パソコンの画像は、一つ一つのピクセルが、赤256段階、緑256段階、青256段階の256の3乗で約1670万色で表現されている。
  2. RGBの段階を画像であらわすのにカラーチャンネルがあり、チャンネルには他にアルファチャンネルがある。
  3. マスクには、クイックマスク、レイヤーマスク、ベクトルマスクがある。すこし概念がちがうが、クリッピングマスクという機能がある。
  4. 選択範囲は点線で表わされるが、その点線の外も選ばれている場合がある。

今回は、基礎を理解していることを前提として、次々と作品を作っていきます。
ですが、もくもくと作っていくわけではありません。
一つの作品を作るにも、いろいろなパターンがあるので、それらを実践していきます。
この場合こういう風に作るのもいいし、こういったやり方もあるというように、様々な方法で実践していくところを見ることによって、その場合に最適な方法を見つけれる応用力がつきます。

それだけではありません。
この教材は、ナント、失敗した所もカットしません。
失敗から復帰する所も非常に大事だからです。

私が一度作ったものを見本に、再度作っているところを記録しているだけの物です。
しかも、作り直す仮定で、思いついた事をちょっと試したりもしています。
う~ん。教材ぽくないな~。とお思いになるかもしれません。
ですが、この方法が一番勉強になると思います。
他の教材のように、シナリオがあって、一番良い状態をあらかじめメモしてあるのを作っていくのでは、 試行錯誤している様子が見れません。

実際の作業は、
「とりあえずこれを試してみよう。」 「やっぱやめた」
「ちょっと戻ってみよう」
「とりあえずいったん保存して、別のファイルとして作業を続けよう」
「こっちと前に作ったのどっちがいいかな~?」
なんてことの連続です。
実際にこのような場面を録画しております。
これらの迷いを見て、私ならこうするとまで思えたなら、フォトショップが使えるようになっていると思います。

 

1シェイプを書いた後に、スタイルや色を選ぶ時の注意
2スタイルパレットからスタイルを登録と削除
3ラスタライズについて(テキスト等のベクター形式にフィルタをかける時)
4合成写真においての光と影の方向について
5合成先に光と影の方向を合わせる方法
6晴れの日の写真を雨の日にする
L版で切り抜きにくい写真を、L版で切り抜くために自然に伸ばす
7カンバスサイズを変更してからL版の大きさに切りぬく
8パターンオーバーレイで繊維っぽい感じを追加する
9レイヤーマスクの微調整とパス上文字
10パスの操作。文字をランダムに置く
お茶からクリームソーダ
11クイック選択ツールと境界線の調整(cs3以降の場合)
12パスを書いて選択範囲にして、選択範囲の変更(cs2以前の場合)
13トレースのコツ
14トレースのコツ2
15パスの保存。ものさしツールと回転
16ブラシで泡を書いて描画モードで合成
17レイヤースタイルのサテン
18アイスを合成
19アイスの微調整
アクションと自動処理
20アクションの基本
21バッチ
22PHOTOSHOPで用意されているアクションを使う
23角度補正して切り抜き
24木に彫りこみされた文字
25木に文字の輪郭を彫りこむ
26浮き出る文字
27テクスチャをシェイプの形で切り抜く
花の色を変える。刺身の色調補正
28色の置き換え
29描画モードのカラー
30全体の色調補正をしてから、一部の色を中心に色調補正
水着写真を用いての加工
31ウェストを細くして、胸を大きくする
32日焼け後を作る
33タトゥーをいれる
髪の色の変更
34アルファチャンネルを使って選択範囲を作成
35調整レイヤーとマスク
写りこみ
36レイヤーマスクのレイヤーへのリンク
37レイヤーマスクの適用
38マグネット選択ツール(CS2以前の人向け)
39写真をブラシにする。ブラシパレットのジッターについて
40パターンを作って、パターンオーバーレイをかける
41ロゴを作ってから、トリミングしてキャンパスフィットする
42PSDファイルをテクスチャライザでテクスチャとして読み込む
43テクスチャライザについて
GIFアニメーション
44切り抜き。選択範囲をマスク
45レイヤーマスクのレイヤーへのリンクの解除
46トゥイーンアニメーション
47GIFファイルとして保存
48変形をともなう時のGIFアニメーション(基礎編のヘッダーの作成)
49表示、非表示で一コマづつ変える(基礎編のヘッダーの作成2)
母の旅
50焦点以外のボケを表現する
51いらない物を消す
52コピースタンプツールと移植
53タイトル文字のスタイル
54フィルタを組み合わせて光を作る
55フィルタの逆光
絵画
56ゆがみ
57ゆがみ(膨張、縮小、乱流ツール)
58額縁をつけてから、テクスチャライザをかける
40代まで若返らせる
59ノイズを軽減
60パッチツール、スポット修復ブラシ
61修復ブラシツール
62ゆがみ
63ブラシでなじませる。顎の修正
64顎の修正2
20代まで若返らせる
65ゆがみで笑わせる
66口紅を塗る、アイライン
67アイライン、まつ毛
68短いまつ毛
69まゆ毛
70髪の毛を長くする
71顔色を良くする
涙、整形
72目を輝かせる。涙 1
73涙 2
74目を大きくして、鼻を細くする

pho-jisenbody