三井住友カード(VISA・MASTER)の作り方|申し込み手順を画像付きで解説!

三井住友VISAカード、三井住友マスターカードの登録手順を解説していきます。

 

その前の準備として、カードの引き落としを行う金融機関(銀行など)の支店名や口座番号を分かるようにしておいてください。

もう一つ「運転免許証」がある人はそれも用意しておいてください。

 

では、まずは下記の画像か三井住友カードの文字をクリックしてください。

三井住友カードのお申し込みはこちら

そうすると、下のような画面が現れると思います。

 

ここで「お申し込みはこちら」という所をクリックします。

 

次はこの画面になります。

会員規約

 

少し下にスクロールすると、この画面になります。

同意のうえ、入力画面に進むをクリックしてください。

 

次は、氏名などの入力の画面になります。

氏名・フリガナ・生年月日・性別・自宅郵便番号・現住所を記入します。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

電話番号とメールアドレスを入力します。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

同居家族の構成を記入します。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

職業と住まいの状況を記入します。

「自己所有持ち家(住宅ローン契約有)」や「賃貸(家賃支払い有)」などを選びます。

実家住まいの人は「その他(住宅ローン契約無・家賃支払い無)」を選べばよいと思います。

次は、銀行カード引き落としの銀行口座を入力していきます。

入力が完了したら「次のページへ」を押します。

勤務先をご入力します。

自営業の方は「その他」を選んで「屋号」を書きます。屋号がなければ「自営」と入力します。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

借り入れ状況や、キャッシングする場合の限度額を決めます。

住宅ローン以外でお金を借りていたら借入状況に金額を入力します。

 

お借入希望枠は、とりあえずは「入会後検討」でよいと思います。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

上の方で運転免許証がある人は用意してくださいと書いたのはこのためです。

 

下にスクロールするとこの画面です。

リボ払いにするかどうかを選ぶ画面です。個人的にはリボ払いは好きじゃないので申し込まないでよいと思います。

入力が終わったら、「次へ」を押します。

 

次はこの画面です。

ご希望のカードブランドを選択します。

VISAとマスターカードがあります。

特に、どちらでも良いのでしたらVISAカードで良いと思います。

VISAカードとマスターカード(2枚)という項目もあるので、2つとも欲しければそちらを選んでください。

 

下にスクロールするとこの画面になります。

三井住友カードIDにチェクを入れると、このカードがスイカのように使えるようになります。

私は普通にカードとしてだけ使いたいので、チェックは入れませんでした。

 

下の方にスクロールすると家族カードを作る場合の画面になります。私は「申し込まない」にチェックしました。

 

その下にスクロールするとこの画面になります。

カードのデザインです。

もちろんご希望で選んでください。

 

スクロールすると、その下に公共料金の支払いをする場合の設定などもありますが、申し込み時にする必要もないので「次のページへ」を押します。

 

お疲れさまです!

最後にすべての確認画面が出ますので、確認をしたら「この内容で送信する」を押してください。

最後の画面になります。

先ほど記入したEメールアドレスに審査結果が送られてくるので、お待ちください。